1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<< 2017 October >>
■ LINK
└ Home Sic
└ karf
└ ACTUS
└ Home Sic 小倉店・博多店
└ toneriko
■ Home Sic
■ RSS 1.0
POWERED BY
script : Blogn(ぶろぐん)
skin : park 

Delivery Diary Vol.19
納品事例をご紹介するDelivery Diary。
今回はオーダー家具を2件納品させていただきました。


まずは、鹿嶋市T様邸。
床や建具、インテリアをウォールナット材で統一された高級感のあるお住まいです。

リビングダイニングと畳スペースの空間を区切るために
間仕切りと本棚を兼ねたシェルフを納品させていただきました。





この畳スペースはもうすぐ2歳になるお子様の遊び場として使われています。
早速、たくさんの絵本を飾っていただき可愛らしい素敵な空間となりました。

圧迫感を軽減する為、また、仕切りながらもリビングダイニングから
様子をうかがいやすいように一部オープンとしました。
その為、リビング側からも飾り棚としてお使いいただけます。
両面が綺麗に仕上がり、一部オープンという仕様ができるのも
オーダー家具ならでは。



つづいては、ひたちなか市Y様邸。

当初はハウスメーカーさんでの収納をご検討されていましたが、
『カッコいいアパレルショップの什器のようなものが欲しい!』という
ご主人の中にある強い思いからウォークインクローゼットの収納棚を
ご相談いただきました。




ホワイトオーク材にステンレス製の脚がアクセントとなっています。
引き出しをたくさん作りただただ収納するのではなく、
あえて棚の上にシャツなど洋服を並べて見せる収納となっており、
お客様の"暮らし"へのこだわりが感じられます。




引き出し最上段はアクセサリートーレーとしました。
天板をくり抜きガラスをはめ込むことで、ショーケースのような雰囲気に。
お出かけ前に『どれをつけていこうかな♪』とワクワクしそうですね。




ステンレス脚は今回この為だけに製作をしていただき、
塗装はあえてせず溶接痕を残し味を出しています。

収納するためだけのウォークインクローゼットとはひと味違う、
ひとつの部屋としての素敵な空間が出来上がりました。


ホームシックのオーダー家具はお客様のご要望に合わせてサイズから材、デザインまで一から形を作り上げていきます。
様々あるライフスタイルの中で、既成の家具では対応しきれないデザインや機能、サイズ感を合わせることができ、スペースを無駄なく有効活用できます。

『ここにこんな家具があったらいいな。』という思いを
お気軽にスタッフへご相談ください。

| 納品事例 |
Delivery Diary Vol.18
納品事例を紹介する Delivery Diary。
今回のご紹介は、10月に大洗町にオープンしたカフェ
caramelmama』様の納品事例です。

大正時代に建てられたという古民家で、とても風情のある建物です。

入ってすぐにおいしいお菓子やケーキが並んでいます。



今回は3Dシミュレーションを使ってご提案させていただきましたので
併せてご紹介させていただきます。
お客様がケーキやコーヒーを楽しみ、ゆっくりくつろげるようにとのことで
椅子は低い座面で座り心地の良いイージーチェアを。
椅子に合わせてテーブルの高さや天板の大きさをサイズオーダーしました。


個室にはアームのないカフェチェアを設置し、
数人でテーブルを囲んでも圧迫感のない空間になっています。


オーナー様がお気に入りのテーブルに合わせた椅子は
『座グリ』加工が施されており、
板座にもかかわらずピッタリとお尻にフィットした座り心地です。



ご検討の家具のサイズや色をイメージできる3Dシミュレーションは、
間違いない家具選びに最適です。
ご希望の方はお家の図面をご持参いただき、
スタッフにご相談下さい。
もちろん、今回ご紹介した家具はご家庭でもお使いになれる商品なので
ご自宅でくつろげるカフェ空間を演出してはいかがでしょうか。

Style Shop ひたちなか店


| 納品事例 |
Delivery Dairy Vol.17
納品事例をご紹介するDelivery Diary。
今回は、細部までこだわりの詰まったO様邸に納品させていただきました。


無垢のチーク材の床とウォールナットの家具はお互いに良さを際立たせ、北欧を代表するルイスポールセンの照明やセブンチェアはフォルムや質感がアクセントになっています。
白を基調とした壁やキッチンにもマッチし、洗練された心地いい空間でした。




広いリビングスペースには、存在感のある無垢材のフレームと本革のソファが主役です。
シンプルなデザインは、選び抜かれた美しい木目により実現し、しっとりと肌になじむレザーは寛ぎを与えてくれます。
ガラスのリビングテーブルは、素材の持つ透明感により無垢材に囲まれたお部屋のバランスを整えて、開放感を演出します。



暮らしとともに家も家具も育まれていく…そんなコンセプトが浮かんでくるような素材と普遍的なデザインが融合した素敵なお家でした。
O様、この度はご協力頂きまして誠にありがとうございました。

| 納品事例 |
Delivery Diary Vol.16 “Case of Art Gabbeh”
いよいよ今週末からスタートの「アートギャッベ200枚展!」

Delivery Diary Vol.15に引き続き、今回もアートギャッベをご愛用いただいているお客様のお宅のご紹介です。

つくば市にお住まいの0様は前回12月に開催した200枚展にご来店いただき、赤やオレンジが美しく大胆な柄のギャッベをお選びいただきました。

大きさで迷われていましたが、お家にお持ちしたところ、大きさのバランスや、落ち着いたモダンな雰囲気にピッタリで気に入っていただきました。


お子様もゴロゴロ喜んでくれていました。

ギャッベの美しい色、そのほとんどは草木染で染色されています。
ギャッベの基本カラーは、赤、緑、黄、茶、青色の5色。
例えばO様のお選びいただいたギャッベの「赤」は、ギャッベを織るカシュガイの女性達が最も好む色で、日本でもいちばん人気のある色です。
茜色染料の原料はローンナス(茜)という植物の根っこの部分です。糸を煮る時間や羊の毛の色でも様々な赤の表情が生まれます。
その他にも、黄色はザクロの実の皮、緑はジャシールという植物、茶色はクルミの実の皮、青はデニムでおなじみの藍(インディゴ)です。

是非この機会に、ギャッベの美しい色を見にいらして下さい。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Style Shop つくば店



| 納品事例 |
デリバリーダイアリーVol 15
つくば店にて開催予定のアートギャッベ展まで残り2週間となりました!
今回はアートギャッベをご愛用頂いておりますお客様のご紹介です。

つくば市にお住まいのM様
とてもインテリア好きなご夫婦で、こだわりのリビングに
幾何学模様のモダンなギャッベがとてもお似合いです。




2組目もつくば市にお住まいのO様
ウォールナット材の家具でまとめてた寝室のベットサイドに
悪いものから守ってくれるという意味があるメダリオン柄のギャッベと、
廊下にはモロッコのアールラトラスキリムを。
どちらもO様が好きなインディゴと赤がベースなっていて素敵です。




6月7日(土)から始まるアートギャッベ展では、モロッコ、トルコをはじめとする
キリムも入荷致します。是非この機会にアート作品たちに肌で触れてみませんか?
皆様のご来店心よりお待ちしております。


                           Style Shop つくば店

| 納品事例 |

  PAGETOP  BACK>>